このサイトではコインランドリー経営のコスト削減方法や稼働率を上げる立地の選び方など、知っておくとさまざまなシーンで役立つ豆知識を紹介します。
開業したら考えていたよりランニングコストがかかる、稼働率をもっとあげたいなど実際に経営してみると課題も多いはずです。
悩みを解決するには経験の積み重ねとノウハウが必要です。
ここでは運営にかかるランニングコストの種類と削減方法、稼働率を上げる立地選びについて解説するので参考にできます。

知っておくとさまざまなシーンで役に立つ!コインランドリー経営の豆知識

知っておくとさまざまなシーンで役に立つ!コインランドリー経営の豆知識 ビジネスとしてコインランドリー経営を立ち上げる人が増えています。
ビジネスにコスト削減はつきもので、そのためには豆知識として内訳を知っておきます。
またこれからコインランドリー経営を考えている場合は立地選びも大切です。
まずコインランドリー経営には光熱費、洗剤や掃除用品などの雑費、管理費用がかかります。
管理費は店舗の開閉や掃除の代行費用ですが、オーナーがやれば節約できます。
光熱費の削減は電球を使用している場合はLEDに変えます。
購入費用は必要ですが耐用年数を考えるとお得です。
空調設備が住宅用エアコンの場合は業務用に交換します。
こちらも費用はかかりますが電気代を抑えられます。
電力会社別にプランを比較して切り替えるのも節約方法です。
立地はこだわって決めます。
人が集まりやすいスーパーマーケットや商業施設がある生活道路周辺が最適です。
大量の洗濯物を持ち運びするので駐車場があることも条件です。

コインランドリー経営でよくある失敗例とは?

コインランドリー経営でよくある失敗例とは? 簡単に思えるコインランドリー経営ですが、失敗している人が多いと言う現実があります。
典型的な失敗例としては、計画の甘さが原因のものです。
開業すればなんとかなると考えて始めたら、なかなか売り上げが上がらず、経営ができなくなると言うものです。
その原因は、売り上げ予測が期待値で計算されていることにあります。
設備の処理能力最大で考えた売上は、理想であって現実ではありません。
実際には顧客がなかなかこないことや回転率が悪いと言うことが起きます。
売り上げが上がらない時でも、電気代や水道代、家賃は支払わなければならないでしょうし、初期投資でかかったコストも返済しなければいけないとなると、維持できなくなるのは目に見えます。
コインランドリー経営で重要なことは、高い稼働率を維持することです。
顧客が多くくるようなところでも、前の洗濯物がどかしてもらえないと、空転時間となってしまいます。
いかに多くの洗濯を途切れないように維持できるかと言うことです。
それでも100%はあり得ないので、50%から40%で考えるべきでしょう。
最初の頃はあまり顧客が来ないでしょうか、もっと低くても良いはずです。
そのぐらいの収益で運営できる計画ができなければ、失敗します。

コインランドリー経営が向いている人はどんなタイプ

コインランドリー経営をするには資金に相当の余裕がないといけません。
機械設備だけでも洗濯機と乾燥機・中には靴の洗濯設備を置くこともあるかもしれません。
増やせば増やすほど洗濯を待つスペースや・椅子など細かいものを含めると設備投資は増えてしまいます。
合計すると一般的なコインランドリーでも、数千万円となります。
自己資金が相当あり、そこから融資を受けられることが条件となるでしょう。
それなりに資金に余裕がある人が、コインランドリー経営に向いている人となります。
また、コインランドリーは洗濯をするだけです。
最近はお洒落な内装の店も増えてカフェを併設するところなど、多種化してきていますが実際は一般的なところがほとんどです。
ですので洗濯だけでは一人当たりの単価も数百円から千円程度なので、最初の投資から回収、黒字化するまでには根気が必要かもしれません。
そのため性格的に長い目でみることができる、俯瞰的に経営を見つめられることが向いている人と言えるでしょう。

利回りの良いコインランドリー経営をするためのコツ

昨今では街中で便利なサービス店が数多くありますが、そのなかのひとつにコインランドリーも存在します。
これからコインランドリー経営をしようと思われている方も多く、いまでは副業というスタイルで挑戦をなさる方も増えました。
経営をするうえで気を付けないといけないことは、如何にして利益をあげるのかということです。
ここでその利回りの良いコインランドリー経営をするためのコツをご紹介します。
まず単身者世帯が多い地域を見つけ出すことがおすすめの方法です。
ファミリー世帯の大半は家庭内で洗濯機を置かれており、あまりランドリーサービスを活用されません。
そこで大学がある一帯に焦点を絞ってコインランドリー経営に乗り出すことです。
現在はフランチャイズ方式が主流となっており、比較的コストをおさえた形で起業ができます。
この会社を頼れば利回りを良くする方法も伝授をされるので頼ることです。
コインランドリー経営は今後も伸びしろがあります。

コインランドリー経営を成功させるコツは他社との差別化

これからコインランドリー経営を始めようと考えている方が結構いるかと思われます。
昔は洗濯機を所有するのが当たり前でしたが、最近は所有しない人が増えているので、ニーズがあり十分成功させることが可能です。
特に学生などの一人暮らしの方が持っていないので、学生などが多いエリアに出店することをおすすめします。
コインランドリーが増えていることを考えると、何も考えないで行うのは絶対にダメです。
コインランドリー経営を成功させたいのであれば、他社との差別化を明確にする必要があります。
何で差別化するのかというと、様々な洗濯機を導入することです。
一般的な洗濯機だけでなく、大型の乾燥機や靴専用の洗濯機など他のところにはないものを導入することが求められます。
周辺の店にないものを導入すれば、今後も利用したいと思ってくれる人が増えてきます。
コインランドリ経営もビジネスの視点を持って、どうしたら顧客を獲得できるか考えることが大事です。

コインランドリー経営では防犯対策も意識しよう

コインランドリーは、基本的に無人経営が可能なのでサイドビジネスに適していますが、一方でセキュリティ面に問題が生じやすいという側面があります。
利用者の洗濯物や精算機・両替機を狙った盗難に遭うリスクがあるとともに、深夜に利用する方も多いのでコインランドリー経営ではしっかりと防犯対策を施しておくことが大切です。
コインランドリー経営における防犯対策としてまず挙げられるのは、防犯カメラの導入です。
近年、様々な場所で設置が進んでいる防犯カメラは、犯罪への強い抑止効果が期待できるとともに、仮に盗難など犯罪が起こっても証拠が残るので早期解決につながる可能性が高くなります。
防犯カメラを目立つ場所に設置することで、ユーザーにも安心感を与えることができるので、利用率の向上も期待できます。
防犯カメラの設置とともに、店内を明るくする、外部から店内の様子が良く見えるようなデザインにするといった対策も効果的です。
このような対策を行うことで、犯罪が起こりにくい環境になるとともに、犯罪が起こっても目撃証言が得られやすくなります。
その他にも、防犯ベルやロック機能付きの洗濯機なども犯罪のリスクを軽減できるので、費用に余裕があるのであれば導入を検討しましょう。

コインランドリー経営を営む際にはフランチャイズを活用する

コインランドリー経営を営む際には、フランチャイズを活用することが効率的です。
商圏分析に基づいた立地先の検討や、店舗を運営するにあたっての運営方法の確立については、個人で行うのは難しい部分があるのも実状です。
コインランドリー経営を展開するフランチャイズシステムを使えば、収益化を実現するまでの流れをスムーズに行えるようになります。
殆どの事業者では、無料でコインランドリー経営に関する相談を行えます。
ロイヤリティを含めた収支のシミュレーションや、導入に要する資金調達の方法までを、包括的に問い合わせることが出来るのです。
コインランドリーを運営する上では、販促活動や集金、定期的な機器のメンテナンスも生じていきます。
副業として営む方だと、自身で対応していくのが難しいのも実状でしょう。
本部が運営するコインランドリー経営システムへの参画を行うことで、経営にまつわる細かな業務への負担は無くなります。
月毎の収支のみを確認する、安定した運営システムを整えることが出来るのです。

コインランドリー経営の専門リンク

コインランドリー経営に詳しいのはこちら