このサイトではコインランドリー経営のコスト削減方法や稼働率を上げる立地の選び方など、知っておくとさまざまなシーンで役立つ豆知識を紹介します。
開業したら考えていたよりランニングコストがかかる、稼働率をもっとあげたいなど実際に経営してみると課題も多いはずです。
悩みを解決するには経験の積み重ねとノウハウが必要です。
ここでは運営にかかるランニングコストの種類と削減方法、稼働率を上げる立地選びについて解説するので参考にできます。

知っておくとさまざまなシーンで役に立つ!コインランドリー経営の豆知識

知っておくとさまざまなシーンで役に立つ!コインランドリー経営の豆知識 ビジネスとしてコインランドリー経営を立ち上げる人が増えています。
ビジネスにコスト削減はつきもので、そのためには豆知識として内訳を知っておきます。
またこれからコインランドリー経営を考えている場合は立地選びも大切です。
まずコインランドリー経営には光熱費、洗剤や掃除用品などの雑費、管理費用がかかります。
管理費は店舗の開閉や掃除の代行費用ですが、オーナーがやれば節約できます。
光熱費の削減は電球を使用している場合はLEDに変えます。
購入費用は必要ですが耐用年数を考えるとお得です。
空調設備が住宅用エアコンの場合は業務用に交換します。
こちらも費用はかかりますが電気代を抑えられます。
電力会社別にプランを比較して切り替えるのも節約方法です。
立地はこだわって決めます。
人が集まりやすいスーパーマーケットや商業施設がある生活道路周辺が最適です。
大量の洗濯物を持ち運びするので駐車場があることも条件です。

コインランドリー経営でよくある失敗例とは?

コインランドリー経営でよくある失敗例とは? 簡単に思えるコインランドリー経営ですが、失敗している人が多いと言う現実があります。
典型的な失敗例としては、計画の甘さが原因のものです。
開業すればなんとかなると考えて始めたら、なかなか売り上げが上がらず、経営ができなくなると言うものです。
その原因は、売り上げ予測が期待値で計算されていることにあります。
設備の処理能力最大で考えた売上は、理想であって現実ではありません。
実際には顧客がなかなかこないことや回転率が悪いと言うことが起きます。
売り上げが上がらない時でも、電気代や水道代、家賃は支払わなければならないでしょうし、初期投資でかかったコストも返済しなければいけないとなると、維持できなくなるのは目に見えます。
コインランドリー経営で重要なことは、高い稼働率を維持することです。
顧客が多くくるようなところでも、前の洗濯物がどかしてもらえないと、空転時間となってしまいます。
いかに多くの洗濯を途切れないように維持できるかと言うことです。
それでも100%はあり得ないので、50%から40%で考えるべきでしょう。
最初の頃はあまり顧客が来ないでしょうか、もっと低くても良いはずです。
そのぐらいの収益で運営できる計画ができなければ、失敗します。

コインランドリー経営の専門リンク

コインランドリー経営に詳しいのはこちら